自動車保険選びで失敗しないコツについて

自動車保険を比較する場合に多くの人は料金で選びがちです。料金だけで保険選びをすると、失敗することになりかねませんので注意しましょう。

加入任意保険の制約がある

任意保険は名前の通り、強制保険ではありません。

入りたい人だけが入れば良いという意味で任意保険と呼ばれています。

しかし、車の事故は多大なる被害を相手に与えるリスクが高い為、ほとんどのドライバーの方は任意保険に加入しています。

ところで、会社勤めをされている方で通勤手当を受給されているというケースはかなり多いと思います。

この通勤手当は企業によっては、ある条件をクリアしないと受給を受けられない場合が多いです。
 

加入内容によって異なるので注意が必要です。


それは任意保険の加入内容によるものです。

任意保険に加入されている人でほとんどの方が入っているのが、対人、対物、搭乗者賠償保険です。

最近では無保険車保険という、保険に加入していない車両と事故した場合にサポートしてくれる保険に加入している人もかなり多いです。


あとはケースバイケースで車両保険や人身傷害賠償保険に加入しているというところです。

まず対人ですが、ほとんどの方が無制限に設定されているかと思います。

次に対物ですがこれは無制限にされている方と上限を設定している方と半々に分かれます。

勤め先で通勤手当を受け取る際ですが、この上限額をある一定以上に設定しないと手当が受けられないというシステムを取っている企業が多いです。

最も多いのが、対人は当然ながら無制限、あと対物も無制限、搭乗者においては500万以上や1000万以上といった線引きを行っているパターンです。

転職等で勤め先が変わった場合は、通勤手当の受給条件について確認をし、必要に応じて保険会社に上限額の引き上げ等を依頼するようにします。