自動車保険選びで失敗しないコツについて

自動車保険を比較する場合に多くの人は料金で選びがちです。料金だけで保険選びをすると、失敗することになりかねませんので注意しましょう。

オプションでよく耳にする人身傷害保険について

自動車保険

人身傷害保険という言葉を耳にした事が無いでしょうか。

人身傷害というだけあって、怪我などの補償をしてくれる保険かという程度で理解をされている人が多いと思います。

これは交通事故などで適用する対人や対物、搭乗者保険とは若干意味合いが異なってきます。

これらの保険は過失割合によって補償される額が異なってきます。

その為、過失割合によっては実際に受けた損害に見合った額の補償が必ずしも受けられない場合があります。

これらに対して人身傷害保険というのは事故により乗車していた人が死亡した場合や怪我をした場合、
更には被保険者も含め、被保険者の身内に至るまで、歩行中等に自動車事故に遭ってしまった場合でもカバーできる保険です。


対人や対物、搭乗者保険のように、過失割合関係なく、実際に受けた損害に見合った額の補償が受けられます。

この過失割合関係なくというのがポイントで、人身傷害保険の一番のメリットであります。

いわば人身に関わる補償は全て、この人身傷害保険でカバーできるということです。

昔からあった保険ではありますが、任意保険の標準的な内容には含まれず、オプション扱いである事が多いです。

ただ最近になって、やっと当たり前のように普及された保険であります。

ちなみに、人身傷害保険の自動車版というのが、車両保険であります。

掛け金は高くなりますが、対人、対物、搭乗者に加え、車両保険、人身傷害保険に加入しておけば、ほぼどのような状況に遭遇したとしても十分な補償が受けられる事となります。