自動車保険選びで失敗しないコツについて

自動車保険を比較する場合に多くの人は料金で選びがちです。料金だけで保険選びをすると、失敗することになりかねませんので注意しましょう。

車両保険にはいくつか種類があります

車両保険という、被保険者の所有している車に関する補償をしてくれる保険サービスがあります。

ところが、車両保険は1通りではなく、種類があります。

大きく2通りに分かれ、1つが一般タイプでもう1つがエコノミータイプと呼ばれるものです。

一般タイプは車の損傷に関わるものはほぼ全てのケースにおいて補償が受けられます。

エコノミータイプは自損事故と当て逃げに関しては保険料が支払われないとされています。
 

どっちを選べばいいの?


ではどちらを選べばよいかという事になりますが、保険料だけで比較すると当然ながら一般タイプが割高となります。

購入してから年数が経過していない場合はこの一般タイプに加入した方が無難です。

エコノミータイプですが、こちらは購入してからかなり年数が経過してから一般タイプから切り替えをした方が良いかと思われます。

車は年数が経過すると価値も下がってきますので、わざわざ高い保険料まで支払う必要性というのはあまり無いのではないかという結論になります。
 

車両保険選びの注意点


あと車両保険についてもう1つ注意すべき点があります。

それは災害に関する事です。

通常、車両保険というものは災害による車の損傷は補償対象になりますが、地震や噴火、津波といった災害は、通常の車両保険の補償対象外となります。

ただ、車両保険では地震等に関する損害は一切受けられないという訳ではなく、特約を付ける事で、損害をカバーする事ができるようです。

まだ一部の保険会社でしか取扱いが無く、保険料が更に高くなりますので、各保険会社に確認すると良いでしょう。